ハードウェアウォレットは凄いぜ!

仮想通貨にはハードウェアウォレットってのがある。
これは素晴らしい!ワシが今までハッキングしてきた仮想通貨の問題をことごとく解決してくれるのじゃ。その素晴らしさを説明しようと思う…..あれ?こんな安心・安全スタンスはびっくり爺さんじゃなくなって、ほっこり爺さんになっちまうじゃんかw

ハードウェアウォレットは、秘密鍵を安全に保存しておくUSBメモリーだって思ってないか?

あ、そうだ!その前に!
ペーパーウォレットって方法があるんじゃ。
こりゃ簡単で、秘密鍵を紙に印刷して、デジタルから隔離して保存しておく方法じゃ。

(坊)
おお、それなら盗まれないから安心ですね!

(ちこ)

ボ~~~ッと生きてんじゃねぇよ~~~!

その秘密鍵は、どこで生成したんですか?
その秘密鍵は、どこから印刷したんですか?
その秘密鍵は、どこに入力して使うんですか?
その秘密鍵は、どこで署名に使うんですか?

確かに保存している期間だけ考えれば、安心なんだが秘密鍵の一生は、PCのメモリー上に存在する一瞬があることを否定できないのじゃ。(もちろん全部紙の上でハッシュ計算する方法もあるが)

これも解決したのが、ハードウェアウォレットなのじゃ。

ハードウェアウォレットは、秘密鍵が絶対に外に出てこない署名装置なのじゃ。
署名の計算自体をハードウェアウォレットの中で行うから、秘密鍵を一瞬たりともPCのメモリー上に置く必要がない。
PCでは、公開情報に基づいて送金データ(トランザクション)を作成して、ハードウェアウォレットに渡す。そしてハードウェアウォレット内で署名して返してもらう仕組みなのじゃ。(本当なのかは未確認じゃがなw)
しかも、マルウェアなどがソフトウェア的にはアクセスできない物理スイッチ(ハードウェアウォレットにあるボタン)を押さない限り署名が実行されないようになっておるらしいんじゃ。

メモリー上の秘密鍵、ウォレット情報、パスワードといったワシがハッキングしてきたヤバイ情報をメモリ上に置かない仕組みなのじゃ。

ハッキリ言って、今の現状では、

仮想通貨のウォレット(小銭要れじゃなくて大きな財布)はハードウェアウォレット一択になると思うぞ。

PCのメモリーハッキング問題は、全部解決!なのじゃ!(本当かよw)

ワシも、NEMを使えるTREZORってのを3つ持っておる。(←何のためにw)

ハードウェアウォレット安全な使い方などは、ネット上に沢山情報があるから、ワシが書くまでもないじゃろうて、それらを参考にするといい。
まあ、こういうものは詐欺には要注意じゃよ。


落ちを書かないと、また運営に叱られるので、一気にここまできたぞ。
あ~~疲れた、疲れた!
ちょっと休憩するのじゃ。

でもな、絶対に盗めないとか言われると、何が何でも盗みたくなっちまう。
わしゃ、ハードウェアウォレットのハッキングをはじめるぞい!

だって、わしゃ、びっくり爺さんじゃ!

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です