ハードウェアウォレットをハッキング(2)

さあ、メモたんにメモリー書き換え機能を搭載したので、いよいよ実験を開始するぞ。

メモリーが書き換えられるからって、どこを、どう書き換えればいいのか。

こりゃサッパリわからんぞ、大問題なのだ!

これじゃ、ただのツールの持ち腐れになっちまう。



どうやって見つけるか



そうだ、こういう時にこそAIを使えばいいんじゃ。

ワシって天才!!!


(爺)

「Hey!尻」
「NEM Nano Walletの送信先アドレスを書き換えるにはどうしたらいい?」

(尻)

「”眠なのウォレットの送信先アドレスを書き換えるにはどうしたらいい”に関するこちらの情報がWebで見つかりました」

おう、これじゃこれじゃ!
ここを書き換えればいいんじゃな…….(笑)
簡単じゃ!……



※期待ハズレのボケですまん。じゃが、この部分の具体的な内容は、過激なwびっくじ爺さんでも、さすがに書かないのじゃよ。分かっておくれ。


ということで、NEMのテストネットで、Nano Walletの送信先アドレスを別のアドレスに、金額をウォレットに入ってる全額に書き換えてみる。

よく考えてみれば、この方法はハードウェアウォレットでも、普通のパスワードで使うウォレットでも同じ効果なんじゃないかと気が付いた。

そんじゃ、まずは手軽な、Nano Wallet(Win64)でやってみるぞ。

1.NanoWallet.exeを起動する

2.メモたんで、Nano Walletのプロセスのメモリーの○○○○○を書き換えて、送信先と金額を全額に改ざんする○○○○○にする。

3.bikkurijii3が送信メニューで、bikkuribaa3に1xem送金を準備して、パスワードを入力して送金する。

Boooooooo!

あらら、赤文字のエラー FAILURE_INSUFFICIENT_BALANCE が出ちまって送金失敗じゃ(涙)

で、こりゃ、どういう意味じゃ?

英語の意味がわからんので、ググってみると、zaifのヘルプに似たようなエラーがあった。

「送金額+送金手数料」が残高不足.…..笑笑笑

……しまった、わしゃ手数料残さないで全額送金する書き換えをしてたのじゃ。

大失敗じゃが、大成功なのじゃ!!!

だってよ、残高747.5XEMで、たった1XEM送金しようとして、残高不足じゃよ(笑笑笑)

次は、1XEM残した金額に書き換えてみたら…どうなるのじゃろうか(怖)

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です